« ...頂戴する | Accueil | とうせんつうち »

15 févr. 2011

学校神経心理10-13&14

(受講生が少ないことが理由による)自然休講
は,ない。ということを知りました。

いつもより目に見えて人が少ない。半数いない。
でも,こうして来ている人もいるからやりましょう!
(後半のコマには,何人かやって来た)


ということで,
まずは前回の残り分(10章のspeech perception)を消化して,

11. The Speaking Brain.

12. The Literate Brain.


 *


初版・第2版比較では,

11章は,
・旧版にはあった, Snodglass & Vanderwart(1980)の絵が消失
 (※そういや,最近これ見なくなったな)
・240ページ,"How is the meaning of words represented?"に1パラグラフ増加。

12章は,変化なし(かな)


聞く話す読む書くの領域では,あまり大きな学術的流動はないようだ,
と感じましたがどうでしょう。


 *


なんとなくいつもに増してさらっとやっているのは,
もちろん「言語」苦手だからであります...

lexiconとsemanticsの分離,
dual-route modelによる各種症状の理解,
ってあたりがポイントですかね。


授業中,サーッと通り雨がありました。おかしな天気じゃ。

|

« ...頂戴する | Accueil | とうせんつうち »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50888027

Voici les sites qui parlent de 学校神経心理10-13&14:

« ...頂戴する | Accueil | とうせんつうち »