« 110220[bx1] 大脳皮質基底核症候群の失行 | Accueil | だいじょうぶですよ »

22 févr. 2011

学校神経心理10-15&16

たんたんと。
実行機能を使うとこんなもんですよ。

時間内にいかに全体を扱うか=いかにはしょり気味でいけるかどうか。

「後出し負けジャンケン」は追加的にしてもらいましたけど。


 *


13. The Numerate Brain.

14. The Executive Brain.


 *


第1版・第2版比較では,

13章は,
・296ページの,Is number meaning exact or approximate?
 ていうこところの記述が少し増え(In monkeys, のパラグラフ),
 297ページの図が加わった。


14章は,あれこれ変わりまして,
・第1版では
 "Accounting for dysexecutive syndrome: How many executive functions?"
 だったところが第2版では
 "Models of executive function"
 となりました(節レベルで新たになる)。
・加えて,めんどうな revised SASモデル の図も消える
 (※なにもないとSASの説明も面倒なんだけど)
・その他...は省略。5箇所ほどパラグラフが増えたり図が変わったり。
・最後のコラムが,"Neuroeconomics"になってました
 (※授業では扱わず)


来週まで授業はあります火曜日は。

|

« 110220[bx1] 大脳皮質基底核症候群の失行 | Accueil | だいじょうぶですよ »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50942642

Voici les sites qui parlent de 学校神経心理10-15&16:

« 110220[bx1] 大脳皮質基底核症候群の失行 | Accueil | だいじょうぶですよ »