« 心理学方法論10-02&03 | Accueil | 78万アクセスとちょっと調子上向き »

17 févr. 2011

「臨床心理学的面接」のイメージ

のビジュアルな3タイプが描かれていたのだが。興味深い。

...ある意味,投影法だった。踏み絵,って言ってもいいけど。


イメージが複数に増えたのは,だんぜん良いことなんでしょう。

あちらの望むことやら考えることが多様であるのに
こちらのイメージがひとつだけだったら窮屈でしょう。

こちらのイメージ通りではないことに居心地の悪さやらモヤモヤを抱えたとするなら,
正直,あちらに“無用な”迷惑をかけるでしょうね。


「書かれていることどおり」でないことが,あたりまえであることへの気づき。
あがめるべきものなど,あるわけがありません。


|

« 心理学方法論10-02&03 | Accueil | 78万アクセスとちょっと調子上向き »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/50898297

Voici les sites qui parlent de 「臨床心理学的面接」のイメージ:

« 心理学方法論10-02&03 | Accueil | 78万アクセスとちょっと調子上向き »