« 言葉は大切/発話機能の5分類 | Accueil | 参内(今週2回目) »

28 avr. 2011

研究室研究会(卒論11-2)110428

もう「構想発表会」の資料を作成できるレベルじゃありませんか!

■ 偏見の測定法

...についてレクチャーいただく。

 ・特定の対象に対する偏見なので,既にいくつか候補が挙げられる。
 ・実験的にするときには,潜在的測定もねえ。あれやこれやの手法。

→ということで,卒業研究は,質問紙調査 AND (実験1 and/or 実験2) となる
 ことが確定。おそらく確定。

 ・質問紙調査をする特定の日・特定の対象もひとつ決まりました。


■ ユーモアのストレス緩和効果について

...いいねえ,手書きの資料。
 メリット:臨場感。デメリット:後で文章を使い回せない。

 ・はじめにいだいた仮説が,
 先行研究(や総説)でどう扱われているか/扱われていないかが確認された。
 ・「感知」と「表出」というふたつの側面がある。
 ・論点あれこれ。
  たとえば,「認知的過程」に注目すると,過去のなんらかの経験を想起しないとな
   (統制は難しいな)
  「社会的過程」や「生理的過程」に注目すると,実験状況は作れそうだな
   (何をしてもらうか,そもそもそれを条件として「させる」ことでいいのだろうか)

→メインは実験でいい。でもちょっとした「実態調査」も必要かな。
 証拠をおさえる/適切なタスク・条件設定のため


 *


その構想発表会の日程調整はなされつつあるが
おひにち はまだ決まっていない。

はやいかも。
こうして持ち上げておきましょう。

|

« 言葉は大切/発話機能の5分類 | Accueil | 参内(今週2回目) »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51515106

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論11-2)110428:

« 言葉は大切/発話機能の5分類 | Accueil | 参内(今週2回目) »