« 総合科目11-1-02 | Accueil | 代理で参内す »

26 avr. 2011

神経心理学演習11-03&04

奥義をあますところなく伝授した。

2限。

最初に,担当回をアミダによって厳正に決め,
読んでいただく論文(を決めてきた人には)を記入してもらった
その結果 → このように
 ※ 私がほとんど読んだことのない論文ばかりで,きっと勉強になるだろうなあ~

その後,我が国における業界の二大専門誌『神経心理学』『高次脳機能研究』
2010年に刊行された各4号計8号分の目次を通覧し,この領域の特徴を説明する
(case studyがあるってことね)

続いて,研究デザインの話(これはこの業界に限らず,心理学全般に通ずる話)。

奥義その1)
研究デザインを学習することの3つのメリット。
...ここでは教えてさしあげることはできないけれど;奥義ですから。

誰も教えてはくれないようなので,私が教えました。


3限。

英語論文を2本お渡しして,それを解読するという作業。

グループスタディの例として。
"Personal neglect—A disorder of body representation?"
 (※こちらに書いたやつ

ケーススタディの例として。
"Density, connectedness and attentional capture in hierarchical patterns: Evidence from simultanagnosia"

(たまたまの最新の両誌からピックアップしただけで,コンテンツが問題じゃなく)

英語論文をいかに読むか。(これもこの業界に限らず,心理学全般に通ずる話)。

奥義その2)
時間がないわれらはいかに論文を斜読するか。
...やっぱりここでは教えてさしあげることはできないけれど;奥義ですから。

私ががっつり論文を隅々読むのが,年間で何パーセントくらいかをお知らせしたら,
びっくりされました。
だってさあ,時間ないよやっぱり。悠長に読んでなんていられませんて。


少し時間があったので,ほんのついでに,受講生諸君の英語力を試してみた(笑)


 *


お得な2コマだったと,私は思うんだけどな。


 *


私の本演習における先生(役)は今回で終了で,次回からは諸君が先生。

しっかり教えてくださいよ(笑)
ガラの悪い「生徒」(役)がおりますので。

|

« 総合科目11-1-02 | Accueil | 代理で参内す »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51501214

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習11-03&04:

« 総合科目11-1-02 | Accueil | 代理で参内す »