« 「夏季の使用電力の最大値を昨年度実績の75%程度に抑制する」 | Accueil | 神経心理学演習11-06 »

10 mai 2011

神経心理学演習11-05

渡邊さん担当。

Learning and forgetting new names and objects in MCI and AD

(軽度認知障害とアルツハイマー病における,新たな名前と物品の学習と忘却)


軽度認知障害MCI)患者群とアルツハイマー病(AD)患者群で,
物品(古い家具らしい)と名称(例はNAHTURIとKARTTU:フィンランド語)の
対応(「単語」を)学習し,それがいかに学習されるかが検討された。

MCIでは,エピソード記憶の低下がみられるが意味記憶は比較的保たれると
予想されるので,名称+定義(意味)の刺激群と,名称のみの刺激群が用意され,
これらの刺激群で相違がみられるかも検討された。

2週間以内に,4回の学習セッションと翌日のテストセッション(セッション5),
さらにフォローアップとして,1週間後(セッション6),4週後(セッション7),8週後(セッション8)
が行われ,忘却についての検討もなされた。

(その他,再生・再認関係のいくつかのテスト)


結果:
(1) 学習(セッション1-5)は群に主効果:健常対照群>MCI>AD;セッションの主効果も有意。
  交互作用も有意であり,健常対照群はすぐに,AD群は緩やかに学習する
  (Fig. 3 のグラフの傾き具合が異なる)
(2) 忘却(セッション5-8)も群およびセッションの主効果は有意であったが,
  交互作用は有意ではなかった(→「急速忘却」するわけではない)
  名称+定義の刺激群は,MCIで,セッション8においてのみ有意に差が生じた
(3) 音韻手掛かりの効果は,健常対象群>MCI>AD
(4) 意味的サポート(定義)統制群>AD,MCI>AD(→統制群とMCIの間に有意差なし)
(5) (物品の,偶発学習的な)再認は,統制群>AD,MCI>AD
   群×セッションの交互作用は有意であった。


 *


なかなかオーソドックスなグループスタディをチョイスされた。

何かを学習させるような研究では,同じ結果を見ても,
少しでも学習がみられるときに,
「学習の能力の低下・欠損」ともいえるし,
「学習の能力そのものは失われていない」ともいえるし,
難しいところがあるのです,という話をしました。

「MCI」概念そのものについての質問もあり,返答に窮しました...
(MCI→ADへの進展,ということもあるわけだからねぇ)


 *


今期は発表時間を終えると拍手が沸き起こることになっていた。
こういうのって,どこかで学習するんだろうか。


 *


ところでここまで読んでくださった方,
例に挙げた(フィンランド語の)単語ふたつ,学習できましたか?

NA
ではじまるやつと
KA
ではじまるやつです。

|

« 「夏季の使用電力の最大値を昨年度実績の75%程度に抑制する」 | Accueil | 神経心理学演習11-06 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51634131

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習11-05:

« 「夏季の使用電力の最大値を昨年度実績の75%程度に抑制する」 | Accueil | 神経心理学演習11-06 »