« 研究室研究会(卒論11-5)110526 | Accueil | 研究室研究会(院11-06)110526 »

26 mai 2011

実際に経験したことを「今後の方針」に反映させること

そこのところはもちろん,担当者の思うところを記せばいい。

いいのだけれど。

その部分はしかし,あくまでも「仮説」のひとつではあるわけで。
(「見立て」とは言いたくない)


得られたデータと経験が同じであったとしても,
仮説を導く際の「論拠」を何にするかが違えば,
示される仮説はまったくもって異なってくる。
解は一通りに定まるわけではない。当然のことながら。

私には,そこに,そのままでは納得できない
やや飛びすぎる「飛躍」を感じたところがあったのでお尋ねした次第であります。

もしかして,
直接経験されたことにに引きずられすぎていやしないかを,
「検証」したかったのです。


 *


なかなか難しいシチュエーションであったことは重々理解するのだが。

それを打開すべく試みた手はどのようであったかも,
あわせてお伺いすべきだった。

|

« 研究室研究会(卒論11-5)110526 | Accueil | 研究室研究会(院11-06)110526 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51776352

Voici les sites qui parlent de 実際に経験したことを「今後の方針」に反映させること:

« 研究室研究会(卒論11-5)110526 | Accueil | 研究室研究会(院11-06)110526 »