« 110606[y][bx2] OCDとイメージの認知的コントロール | Accueil | 神経心理学演習11-14 »

07 juin 2011

神経心理学演習11-13

岡田さん担当。

Framing effects: Behavioral dynamics and neural basis

(フレーミング効果の行動力学・神経基盤)

同じ意味の選択肢を異なる表現で示すことで,ヒトの危険選好性を反転させる効果。

ある伝染病に600人が感染し,放置すれば全員死亡する。
だがしかし対策案として以下の2案がある。

・ポジティブ条件
A:200人が助かる。(sure)
B:3分の1の確率で全員が助かり,3分の2の確率で全員が死亡する。(gamble)

・ネガティブ条件
A:400人が死亡する。(sure)
B:3分の1の確率で全員が助かり,3分の2の確率で全員が死亡する。(gamble)

それぞれの条件でABいずれの選択肢をとるか尋ねると,
ポジティブ条件ではA(72%),ネガティブ条件ではB(78%)と反転する。

ここにその集団のサイズを考慮し,
さらに著者のひとりのWangの唱える "ambiguity-ambivalence"仮説★を加味すると,
小人数のグループではBを選好し,大人数のグループでは不規則になる
ということが予測されたので,少人数(6人) vs. 大人数(600人)で比較。

さらにfMRIにより関連する脳部位を明らかにする。
先行研究としては扁桃体の関与が示唆されるが,
"ambiguity-ambivalence"仮説からは前頭前野の関与が示唆される。

大グループにおいて,フレーミング効果がみられた(ネガティブ条件でgamble選択↑)。

fMRI
大グループ vs. 小グループで,右中前頭回↑
大グループポジティブ条件で,右下前頭回(弁蓋)↑
小グループポジティブ条件で,右島と右頭頂葉↑


 *

・ 「フレーミング効果」というのを初めて知りましたので勉強になりました。

・ 集団のサイズもそうだが,集団のメンバーか否かも関係するらしい。
  心理学類 vs. 某学類 とか
  人間学群 vs. 某学群 とか
  筑波大学 vs. 他大学 などでやったらどうなるでしょうか。

・ 考察の記述にいちゃもんがつけられました!

・ イメージング研究の裏話...というほどではないが,「考察」がどのように
  なされるかを少々。たとえば今回,頭頂葉の賦活が"予想外に"現れたが,
  そうなるとそれについても何か述べないといかん,とか。

・ 営業とかに使えそうだよね。保険の勧誘とか...っていう話がされてましたが,
  私はひとり,「(住宅ローンの)固定金利か変動金利か(をどう判断させるかトーク)」
  というふうにイメージしておりました。

★なんだかその名称にひとりでしびれてました。「あいまい・両価性仮説」w

|

« 110606[y][bx2] OCDとイメージの認知的コントロール | Accueil | 神経心理学演習11-14 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51882119

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習11-13:

« 110606[y][bx2] OCDとイメージの認知的コントロール | Accueil | 神経心理学演習11-14 »