« 神経心理学演習11-15 | Accueil | 平成23年度臨床心理学領域卒業研究構想発表会 »

14 juin 2011

神経心理学演習11-16

身体シリーズ(その2)

熊谷さん担当。

Anticipation of body-scaled action is modified in anorexia nervosa

ここでピックアップした論文でした。

あえて,「ボディ・イメージ」じゃなく,「ボディ・スキーマ」にしているところがポイントです。

BNはどうなんだろうという当然の次の流れ。

考察に書かれていることがらからさらに推論して,
論文には書かれていないことまで思考を広げると,
・ANの期間が長い人が"Πp"(という指標★)が高い
  →発症時にΠpをみると,罹病期間の長さが予測できるかもしれない?!
・隙間を実際に通らせることでボディ・スキーマを修正できるかもしれなくて,
 そうであれば「通り過ぎる」ことで治療できるかもしれない?!

  
Πpは健常対照群でもそれなりの個人差が生じてはいるので,その個人差を生む要因なども
知りたいところ。

考えようによっては「アフォーダンス」研究ともいえるのだが,
アフォーダンスってそういえば個人差をどう考えるのでしたっけね?


★肩幅と,通り抜けられると判断した隙間から得られる指標


 *


とりわけ,女子学生さんたちが興味津々でした。あれこれ。
BMIの値とかセンシティブですなあ。

身長も体重もBMIもみんな持っている情報なので,一喜一憂というかなんというか。
(私なんて,BMIと身長を白状させられましたもん。体重は計算で求められますっ)
(で,逆のお尋ねはさすがにしにくかった)

「プロジェクタで投影する」という手法をもっとリアリティを上げる方法などを考える。


 *


あとで思いついたことだが,
「友人の誰々が通り抜けられるか」判断をさせると,
なかなか味わい深い結果が得られそうだな...


 *


ボディ・スキーマで隙間判断」...

私が放ったオヤジギャグじゃありませんよ。
でも,そういう論文だ。うまいこと言いよった。

|

« 神経心理学演習11-15 | Accueil | 平成23年度臨床心理学領域卒業研究構想発表会 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51943285

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習11-16:

« 神経心理学演習11-15 | Accueil | 平成23年度臨床心理学領域卒業研究構想発表会 »