« 110601[bx2] 自分を抑えて他人を理解する | Accueil | 臨床心理学実践演習11-02 »

02 juin 2011

研究室研究会(卒論11-6)110602

もう構想ではなく始めてよい。
高度で,だが実際的になってきた。

■ 実験計画・リバウンド効果・IAT
・ 知りたいことが3つある。
  そのうちの2つを実験により検討するのだが,そのデザイン。
・ 顕在指標を1w後などにずらす?など具体的になってきた。
  何人とろうかと考えられるほどに。
・ 「ステレオタイプ抑制」に関するレクチャ。
  反ステレオタイプと抑制後のリバウンド効果とか,ステレオタイプ内容モデルとか。へえ~
・ 抑制教示ではないほうの○○教示
・ IATの対語検討
・ レジュメもみた


■ 予備実験の準備・MMS・「問題と目的」修正・疑問点
・ 「リフレ-ミング」の知恵を借用する。意味と,状況ね。へえ~
・ MMS全部を使いませんの際の根拠。
・ その場で「図解」。よく考えられている。
  効果を腑分けして考えるならば,とりうる手段は2つあるわけだね。
・ キツキツ...それもありだ。レジュメとパワポを「相補的に」使うということもアリだ。
・ 「何の根拠もなく作っちゃってるけど、裏付けとかなくて大丈夫なのか」
  →世界で初の実験なのだ。今までの我々の思考プロセスそのものが根拠となる。
・ 「全ッ然結果出なかったら…と思うと不安で夜しか眠れない」
  →有意な結果が得られないということもまた,後に続く人たちに有用な結果である
    (「意味」リフレ-ミング)
  →昼寝しなくてすむのでよいことだ(「状況」リフレ-ミング)


次週はppt。見せてもらおう。

|

« 110601[bx2] 自分を抑えて他人を理解する | Accueil | 臨床心理学実践演習11-02 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51840407

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論11-6)110602:

« 110601[bx2] 自分を抑えて他人を理解する | Accueil | 臨床心理学実践演習11-02 »