« 臨床心理学実践演習11-05 | Accueil | 客観的情報とその解釈 »

23 juin 2011

ACの到来(2011年6月期)

ということでおひとりめ。
「アカデミックカウンセリング」です,AC。

4月にたてた計画のその後。
何をどうしているかの振り返りではあります。


何をどうするかは主体的判断に委ねられているし
現状どうしているかはご自分の考えに沿っていればいいと思う。
「流されている」わけでないならそれでよい。


できたできなかったのことには,実はあまり力点は置いていない。


われらの役目は,この機会に少し
3年間の中での時間的配分という観点からご意見申し上げることと,
近い将来に向けてのアクションを検討することである。


 *


その後,(研究会の後に)おふたりのもこなす。
そして,来週におひとり。

|

« 臨床心理学実践演習11-05 | Accueil | 客観的情報とその解釈 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/52027472

Voici les sites qui parlent de ACの到来(2011年6月期):

« 臨床心理学実践演習11-05 | Accueil | 客観的情報とその解釈 »