« 臨床心理学実践演習11-03 | Accueil | 研究室研究会(院11-08)110609 »

09 juin 2011

関係を変える

っていうのは具体的アクションでなければね。
あるいは,新たな状況を作るとか。

AとBの関係について。

お話を聞けば,
Aにも「共感」Bにも「共感」できるんだけど,
AとBの関係はうまくいっていない。
そのAとBの関係を変容するにはどうしたら。
(どちらか一方に「肩入れ」しそうなときはむしろ,「共感しにくい」側に身を入れてみる)


「-」と考えている間は,埒があかない。


A→B and/or A←B のように,
有向性の矢印,そのあり方(モード)を変えるか,

第三人物Cを入れるか。

たぶん,どちらかと考えるしかない。どちらかでいい。他の余計なことを考えなくてよい。
観念的にとどまっている間は,何も変わらないだろうなあ。


 *


こういうときに特に「システム論」的な捉え方が適していると思われる。
このように考えるときには,「共感」(的理解)などは,特になくてもよい。

複数の計器を調整して 安定的状態にする のがお仕事,なんでしょう。

|

« 臨床心理学実践演習11-03 | Accueil | 研究室研究会(院11-08)110609 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/51899253

Voici les sites qui parlent de 関係を変える:

« 臨床心理学実践演習11-03 | Accueil | 研究室研究会(院11-08)110609 »