« 270×7=1890 | Accueil | 大学院合同臨床研究会2011 »

01 juil. 2011

吉田先生と一時間ほど雑談

2A105におりましたら,

先生がふら~っとやって来られまして。

きょう誰もいないんだよね~とおっしゃりながら。
つかまったわけです。


あれこれお話しましたけど,
昔の2A棟1階の様子や,廊下でやった実験のことなど
「ここの昔話」?を興味深くうかがいました。

(我々がこの部屋の大掃除をしたときにあった二段ベッドに,
 吉田先生は寝たことがあるんだってさ)


で。


やっぱりこういうところ(実験室)に
「院生が住んでいるほうがいい」とおっしゃる。

同感ですねえ。


それとも,
私が「本拠地」として常時住んでいればいいのかしら?
(softbankの電波は届かない,というメリットもあることだし)


このように
ふらっと出入りしておしゃべりする溜まり場はあるといいですよね。


 *


雑談をするスペースがほとんどないというのは,
研究上も教育上も精神衛生上もよろしくないですね。

良い時間でした。

|

« 270×7=1890 | Accueil | 大学院合同臨床研究会2011 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/52093984

Voici les sites qui parlent de 吉田先生と一時間ほど雑談:

« 270×7=1890 | Accueil | 大学院合同臨床研究会2011 »