« 110808[bx2] 自分や他人の性格と容姿を評価する | Accueil | 110809[bx1] カテゴリー特異性障害の新たな説明仮説 »

09 août 2011

100809 [bx1] 失行とアフォーダンス、ともうちょっと

そのコンセプトを持ち出さなくても…

110809[bx1]-1 apraxia; tool use; affordances; spatial relationships; working memory; semantic memory
From pantomime to actual use: How affordances can facilitate actual tool-use

パントマイムよりも実際の使用で「改善する」ことは昔から言われているけど。
道具使用による改善を「アフォーダンスの利用」みたいに言い換えるってこと?

 *


それだけだとただの言い換え(説明の仕方を変えただけ),ですが,
面白いのは「因子分析」をしている(ふたつめの)ところで,
ワーキングメモリ的な因子と,(オンラインな)空間関係処理的な因子の2つがあり,
「アフォーダンス」の知覚/操作は,
そのふたつのdemandsを軽くするように作用する,と考察しているところかな。

Thus manipulating the affordances by presenting both tool and recipient could
lead to the reduction of demands on two cognitive components –
action related working memory and processing of spatial relationships.

|

« 110808[bx2] 自分や他人の性格と容姿を評価する | Accueil | 110809[bx1] カテゴリー特異性障害の新たな説明仮説 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/52432059

Voici les sites qui parlent de 100809 [bx1] 失行とアフォーダンス、ともうちょっと:

« 110808[bx2] 自分や他人の性格と容姿を評価する | Accueil | 110809[bx1] カテゴリー特異性障害の新たな説明仮説 »