« 次年度のカリキュラム、と。 | Accueil | 登場人物の多い話のときには »

29 sept. 2011

臨床心理学実践演習11-07

久しぶりにお目にかかる。

今学期に彼女が出ている授業の様子や,出ていない授業のほうの様子などをうかがう。

「食行動異常」というキーワードを挙げた場合に,
どのような研究がありえそうか,思いつくまま言ってみたり(idea fluencyみたいに)。
絞っても,また拡がる。選択肢が。


実験するのか質問紙にするのか。
群分けするのかしないのか。
測定する変数の数をどうするのか。

(臨床心理学領域でしたら)知りたいことはscience寄りかpractice寄りか。


できるだけピンポイントであること,極度に限定的であるほうが,
研究はしやすいのであります。


 *


来週には,3年生向けに卒業研究の説明会があり,
指導教員決定のために研究室をまわってみるやつが始まりますね。

3名をどう書くのかにも戦略が生じるはず。どう書くにしても。

|

« 次年度のカリキュラム、と。 | Accueil | 登場人物の多い話のときには »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/52868944

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学実践演習11-07:

« 次年度のカリキュラム、と。 | Accueil | 登場人物の多い話のときには »