« 小学校最後の運動会 | Accueil | 博士論文研究報告会(2011年度その2) »

19 sept. 2011

110919[mz3] slim is good but fat is not bad

IRAP (the Implicit Relational Assessment Procedure) なる手法を用いているところに。

110919[mz3]-1 facial EMG; IRAP; IAT; slim/fat
Facial reactions reveal that slim is good but fat is not bad:
Implicit and explicit measures of body-size bias

ほっそりしている/太っている人への潜在的な態度や感情を測定する。

facial EMGでは,スリムな人へのポジティブ感情が。
このようなEMGパターンを裏付けるように,
IRAPではpro-slimバイアス(anti-fatバイアスではなく)が見られた。


 *

でそのIRAPというのを知らなくて,そこの手続きを読んでみた。
以下のように記されている。

Implicit Relational Assessment Procedure

Participants were presented on each trial with a label (either “Good” or “Bad”) and
a target stimulus (a photo of an average weight or overweight person) and had to press
the “D” or “K” key to respond “Same” or “Opposite”, respectively as quickly and
accurately as possible. On pro-slim/anti-fat blocks, the following combinations were
correct: Slim-Good-Same, Slim-Bad-Opposite, Fat-Good-Opposite, Fat-Bad-Same,
whereas on pro-fat/anti-slim blocks, the following were correct: Slim-Bad-Same,
Slim-Good-Opposite, Fat-Bad-Opposite, Fat-Good-Same. Incorrect responses
resulted in the presentation of a red “X”, which disappeared once the correct response
was selected. Participants were presented with a minimum of two practice blocks in which
they had to achieve 80% correct and a median response latency of under 2000 milliseconds
across a pair of successive blocks within five attempts. Participants who failed to reach
criterion were thanked and debriefed, and their data were discarded. Those who achieved
criterion were presented with six test blocks of 24 trials each, alternating between blocks
requiring exclusively pro-slim/anti-fat or anti-slim/pro-fat responding.


1) 「痩せている人の写真-良い」
2) 「痩せている人の写真-悪い」
3) 「太っている人の写真-良い」
4) 「太っている人の写真-悪い」
対呈示されるのに対して,
ブロックごとに「向(pro-)痩/反(anti-)太」または「反痩/向太」条件を設け,
呈示されたペアの,条件に対する“異同”判断をボタン押しで反応させる。

A) 「向痩/反太」条件では 1)は同 2)は異 3)は異 4)は同
B) 「反痩/向太」条件では 1)は異 2)は同 3)は同 4)は異
ってことになる。

→反応潜時からD-IRAPスコア
 (刺激ペア1)2)3)4)における,B条件反応潜時-A条件反応潜時)を算出する。

 *

この方法で,呈示刺激4種に対するそれぞれのバイアスを検討することができるようで,
IATでは(たとえば) pro-slim = anti-fat となってしまうけれども,
IRAPでは pro-slim bias はあるけれど,anti-fat bias はない,
というような結果が得られる
(論文のタイトルのように)。

|

« 小学校最後の運動会 | Accueil | 博士論文研究報告会(2011年度その2) »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/52769250

Voici les sites qui parlent de 110919[mz3] slim is good but fat is not bad:

« 小学校最後の運動会 | Accueil | 博士論文研究報告会(2011年度その2) »