« 心理学基礎実験2011-C | Accueil | 研究室研究会(卒論11-10)110926 »

24 sept. 2011

平成元年度(86回)卒業野沢北高等学校同級会

「最初で最後になるかもしれない」

全7クラス合同の同級会。

小諸の菱野温泉「常磐館」というところで。


私たちは今回,お誕生日が来るとみな40歳という年でありまして,
この節目に,盛大に。
初めての企画。


305名の同期卒業生のうち80名強が集まりました。
楽しく過ごしてきました。
だいぶ飲んできた。


 *

クラス以外の人たちのほとんどは卒業してからずっと。
クラスの人たちの何人かは大学生時代の前半に何度か会ったりしたがそれ以来。
(その後 お目にかかった彼と彼女 は出席していなかった…)
ってことで,ほぼ20年以上の時間をとびこえてお目にかかる人たちばかりという!


変わらない人はほんっと,変わらない。
特に男子。
(私はけっこう変化しているので,「難易度の高い」ほうの人間でした;喋ればわかってもらえたけど)
 でもそれはもともと友人知人だった人だからわかるんで,
 そもそも305人全員を知っていたわけではなく,
 また305人全員に知られるほど有名だったわけでもなく。


私のおりました6組は10名。
別にフルネームで書いてもなんら支障ないと思いますんで挙げておくと
安藤研史君,浅沼治朋君,井出旭君,井出美季さん,市村和也君,
小野澤彰君,岡村知美さん,小林靖君,須田陽子さん。と私。
(姓が変わっていても旧姓)
(あ行の出席率高いな笑)


3年生では進路別に「類」に別れてました。私はE類。12名くらいでしたか。
(参加率よろし)
(「類」の名簿というのはどうも残存してないのかな~惜しいなあ~)


他にも,「班」(部活動をそう呼ぶ)の知り合いとか,
同じ出身地の…私の場合は軽井沢ですが…知り合いとか,
そういうのもあってもいいのですが,
その点での出席者は多くはなかった。太田潤君。中島慎也君。


まあどこでもそうだと思うが当時のアイドル的存在(だった人)はいるものでして。
→あいかわらずアイドルでした。


欠席返信のハガキを読むだけでも懐かしかった人も。


 *


先生方にはお目にかかることができずその点は残念でしたけど,


こういう機会でもないとすれ違ってもわからないかもしれない人々と
お会いすることができてよかった。
旧交をあたためるって,こういうことだな。

次はもうないかもしれないし。

とはいえ…
また5年後くらいにあるといいなあ~


 *


でもクラス会は今度是非しましょう!小野澤君!

(ほんとは「類飲み」も期待したい!)

|

« 心理学基礎実験2011-C | Accueil | 研究室研究会(卒論11-10)110926 »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

先生!お久しぶりです。2007年に学類を卒業したはたなかです。久しぶりに先生のブログを覗いてみました。なんだか研究室合宿等をしていて楽しそうです。そして高校の同級生でもないのにこの記事にコメントしてしまい申し訳ないです...先生が40歳というのに驚きを隠せず、つい...

Rédigé par: | le 28 sept. 2011 à 00:08

はたなかさん

驚 く こ と は あ り ま せ ん !
(3月の誕生日が来たら,ですからね)

Rédigé par: m0ch1 | le 28 sept. 2011 à 05:56

ご来館いただき誠にありがとうございます!

当館の専務もこの同級会を楽しみにしておりました!
(かなりはりきってました!)

楽しい時間をすごされたようで何よりです。

また是非ご来館ください!お待ちしております!

Rédigé par: 常盤館副支配人 | le 10 oct. 2011 à 21:53

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/52820064

Voici les sites qui parlent de 平成元年度(86回)卒業野沢北高等学校同級会:

« 心理学基礎実験2011-C | Accueil | 研究室研究会(卒論11-10)110926 »