« 東京都リハビリテーション病院研修会、とその後 | Accueil | 平成24年度卒論折衝第二号案件 »

24 nov. 2011

臨床心理学実践演習11-12

次の時間が試験なんだそうで,短めに。
でも最終回にした。

実験デザインを考えるところを。
要因の整理(2要因),
短期的な効果と,長期的な効果をみたい。
いずれも,交互作用が有意ならいいなあ(結果の予想グラフも描いてみた)

枠組みはこれで十分なので,
あとは「タスクの中身」を定め,
要因のうちのひとつ(実験的操作)をそれに合わせて決められれば
いつでも始められますね。


 *


たぶんはじめて,ホワイトボードでお絵かきしながらディスカッションした。

|

« 東京都リハビリテーション病院研修会、とその後 | Accueil | 平成24年度卒論折衝第二号案件 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/53324087

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学実践演習11-12:

« 東京都リハビリテーション病院研修会、とその後 | Accueil | 平成24年度卒論折衝第二号案件 »