« 平成24年度推薦入試1日目 | Accueil | 平成24年度推薦入試2日目 »

29 nov. 2011

平成24年度卒論折衝第五号案件

ちなみに今期初,男子学生さんとの折衝でした。

第四号案件 と同じ)「P」を,「R」という視点から検討しようという。
PとRの関係はよく研究されているのだが,
そのRの場面というか状況というかはいくつもあり,
Rの対象(というかアウトプット)を変えてもそうであるのか,
あるいはなんらかの違いが生じるか。

そもそもなんでRが生じるかというと,
その人がSという心的行為を行うからであって,
Sをする/しない,もしくは過剰にSをするということが
Rの強さに影響を及ぼしているかもしれない
(…んじゃない?とか思ったのでそのアイデアを示して揺さぶりをかけてみる)。


 *


私が5人目のようでして,これまでの遍歴などもあわせて伺う。

おふたりめのときに全然上記の話とは違う
「T」(それを「している人」だそうで)と「U」について
「それ面白いんじゃない」とサジェストされたようで。
私もそれ,面白いと思う。
ただ少し,ではなくだいぶ,「領域」との関係が薄いので,
それで行くなら上手にストーリーを構築しないとね。


 *


他にも,
最近みかけた「心理学研究」論文のこととか ← 却下したけど(笑)
部屋の机の上に置いてあった論文のことなどをお話しする。


 *


明日が,卒業研究希望指導教員届の提出締切日であります。

さて,今回のはどうなることやら。
楽しみですね,お互いに(笑)。

|

« 平成24年度推薦入試1日目 | Accueil | 平成24年度推薦入試2日目 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/53363741

Voici les sites qui parlent de 平成24年度卒論折衝第五号案件:

« 平成24年度推薦入試1日目 | Accueil | 平成24年度推薦入試2日目 »