« 鹿児島に | Accueil | 第35回日本高次脳機能障害学会(第2日) »

11 nov. 2011

第35回日本高次脳機能障害学会(第1日)

ちゃんと出てますって。

朝も第一セッションの時間から会場に。

あちこちの会場に行ってみたり,
時間的都合上,その時間にはいることのできないポスターについて
教えていただいたり。

■ IC3

というセッションの 座 長 をさせていただきました。7題。
口頭発表の方の座長は初めてのお仕事であり…
昨年度 はポスター発表の座長でしたが…)
たんたんと。

座長をしてみてわかることは,
ご討議・コメントしていただける先生がいらっしゃることのありがたさ,でありました。
遠慮なく発言されたし。

(※なお,「ポッキー・プリッツ」の日の「ポッキー・プリッツ」時間11時11分11秒で
  座長席でポッキーかプリッツを食べようとしましたが断念しました。あくまでフィクションです。)


昼は 喫茶店で 黒豚カツカレーを食しました。


■ 総会・長谷川賞授賞式

とりあえず情報としては,
・ (旧・日本失語症学会) というのが外れることが決まりました。
・ 来年,第36回は藤田会長宇都宮で,平成24年11月22日(木)・23日(金・祝)
  再来年,第37回は小林会長松江?(島根)で,平成25年11月29(金)・30(土)だそうです。
・長谷川賞は受賞該当者なし←これは初めての事態なのでは?


■ 特別講演Ⅰ:“こころ”と“脳”は重ね描き―治療における連携―

・理事長先生のおはなし。重ね描き,ということ。
・『知の構築とその呪縛』(大森荘蔵)読んでみようかと思う。


■ シンポジウム3:「高次脳機能障害のアウェアネスawareness」

・「2」じゃなくてすみません…
・C会場満杯で立ち見の方も。
・先生方のキャラがそれぞれで(笑)ご講演のスタイルが。
・たいへん面白かったです。司会の大東先生のおっしゃるとおり。
・P-FスタディのfMRIとかww まじか~ 自罰はDLPFC,多罰はVLPFC賦活とかで。
・グループ/集団で行うことの意義を は じ め て わかったような気がした。
 (『高次脳機能障害「解体新書」』)←買い,ですね。)
・アウェアネスと(ラザルスの)ストレスの認知的評価の対応とか。ほほう。
・「想起された現在」(←このコトバはかっこ良すぎる),身体図式と身体意識の違いとか
 (『精神医学再考』は読もうと思う)
・いろんなアウェアネスの分類があるわけだけど,それをお互いどう思うかが知りたかったな。
 特に,苧阪先生が,他の3人の先生方のをどう考えるのかは。


■ 教育講演1:「注意障害とリハビリテーション」

・ほんと,授業のネタを…というよこしまな考えで出席してましたが,
 進め方はやはりこうなるのだなと。
・「タケコプタ」っておっしゃってた;そうかあのCancellationの図形はそう呼ぶのか。
 植木鉢だと思っていたのだが。


■ 教育講演4:「遂行機能障害の認知リハビリテーション」

・たぶん,スライドの背景が波のアニメーションなのは眠らせないようにする仕掛けなのだろう。
 気になるのですが…
・"problem-solving training"
・"goal management training"←習慣的自動的行動を「中断させて」SAS駆動。なるほど。


~ここまで~
(ほんとはそのあとにイブニングセミナーもありましたが,エネルギーが枯渇気味)


芋焼酎飲んでひとりでごはんたべてホテルに戻ってきました。

|

« 鹿児島に | Accueil | 第35回日本高次脳機能障害学会(第2日) »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/53221548

Voici les sites qui parlent de 第35回日本高次脳機能障害学会(第1日):

« 鹿児島に | Accueil | 第35回日本高次脳機能障害学会(第2日) »