« 神経心理学11-03 | Accueil | 「お話をうかがう」 »

08 déc. 2011

神経心理学11-04

知覚・認知(1) 視覚性失認
の続きから
知覚・認知(2) 聴覚性失認・触覚性失認まで。

前半は,前の時間の続き。
「視覚性失語」のミステリアスなところを,これまでの研究者がいかに説明しようとしてきたか,
あとは
視覚の2経路
がハイライト。

「V6」は,いつものネタです。


後半の配付資料→ 「201104.pdf」をダウンロード

聴覚性失認や触覚性失認は,視覚性失認とどう異なるか,という方式で
お伝えしていくしかない。あまりお伝えすることが多くない。

最後のあたりで,「甘酸っぱい感覚(的思い出)」の話をした。


 *

・視覚性失語への食いつきがよくてけっこう。この面白さがわかる人は見込みがある。

・ブラインドサイトの話に興味津々のようです。

・「痛覚」の失認はあるのか?というコメントがなぜか何人かから。
→痛覚失認 pain agnosia って言わない;痛覚失象徴 pain asymbolia。
→どうして「失認」と呼ばれないかを考えるのはけっこういい勉強になるかも。

・「紡錘状回はどの辺なのでしょうか?先週配られたプリントでは見当たらなかったのですが…。」
→ぐぐってみるとか。Wikipediaの
→ついでにあわせて舌状回 lingual gyrus とか海馬傍回 parahippocampal gyrus もどうぞ。

・「体性感覚性音読のような甘酸っぱい思い出が,一緒に男の子ばかりとともに思い出されて
 悲しいです。」(♂)
→新たに記憶を書きかえられる日がやってきますように。

・「昔の彼女と皮膚書字覚らしきものをやった気がします。甘酸っぱいですね。」(♂)
→なんなら私が新たに記憶をかきかえてさしあげましょうか。

|

« 神経心理学11-03 | Accueil | 「お話をうかがう」 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/53589568

Voici les sites qui parlent de 神経心理学11-04:

« 神経心理学11-03 | Accueil | 「お話をうかがう」 »