« 神経心理学11-05 | Accueil | 研究室研究会(院11-20)111215 »

15 déc. 2011

神経心理学11-06

空間 半側空間無視
の続きから
身体 身体失認
まで。

前の時間の続きから。

いつも説明に苦戦する「方向性運動減少説」
Motor role of human inferior parietal lobe revealed in unilateral neglect patients
今回は華麗に(説明している側からすると)こなす。

続いて身体系 配付資料はこちら →  
 「201106.pdf」をダウンロード

見せるスライドの方は少ないので,余剰幻視の絵などを黒板に描く。

「正しい柏手の打ち方」


 *


・「ミラノ大聖堂にはゲームの中なら行ったことがあります。」
→なんのゲームか教えてくださいよ。

・「プリズムメガネー!!」

116_2

→来年度から授業で使わせてもらおうか。

・「運動無視」と「運動性消去現象」の違いがよくわからなかった,とのコメント多し。
→説明不足でしたか。感覚性消去現象と同じで,左右両(上肢)で行う動作の場合にのみ
 左の不使用傾向が生じればそれを運動性消去現象という。
 状況にかかわらず左側上肢の不使用傾向が運動無視。

・「余剰幻視は,特に切断されたことのある人でもなくともあるのですか?」
→切断されていなくてもなることの報告はいくつもあります。


・「資料を印刷するときに,先生のブログを発見しました!
 先生が様々なことを書きつづっているのを読むのが
 木曜(p.p.の印刷をするとき)の楽しみになりました☆」
→ほう。とうとう(?),見つかってしまいましたか。

・「あったかくてあまいものが食べたいです。」
→こういう授業と関係ないコメントは推奨。食べなさい。授業が終わったら。
 一緒に食べたいです。という意味なら,それとわかるように表現しなさい。


|

« 神経心理学11-05 | Accueil | 研究室研究会(院11-20)111215 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/53589574

Voici les sites qui parlent de 神経心理学11-06:

« 神経心理学11-05 | Accueil | 研究室研究会(院11-20)111215 »