« 研究室飲酒会(院生+)120209 | Accueil | dlpfcと検索されまくる »

13 févr. 2012

研究室研究会(卒論12-3)120213

駆け引き。迷走。樹海。

■ 距離→駆け引き
 ○ ということで英語論文は…ということでこれ。
   Whether close or far: Social distance effects on perceived balance in friendship networks.
 ・ "social distance"という用語。
   The Emotional Tension Model と The Cognitive Miser Model を組み合わせたモデル
 ・ "transitive"という点が面白いかも。

 ○もう一本は。
  羞恥感と心理的距離との逆U字的関係の成因に関する研究
   ―対人不安の自己呈示モデルからのアプローチ―
 ・偏相関とか,交互作用項を投入する(階層的)重回帰について説明する。

 ・「駆け引き」とか「あいまいさ」とか。


■ 「絶賛迷走中」(本人談)
 ・ The Use of “As Many As Can” Versus “Feel Like Continuing” Stop Rules During Worrying
 ・ "as many as can"/"feel like continuing"のルールの程度を測定するチェックリスト(研究1),
   破局化面接とルール使用傾向との関係(研究2)
 ・ これらのルールは自己関連の心配に絡むのだろうか,
   それとも基本的な思考の傾向を表しているのだろうか。
    →「他人のことを心配する(させる)」実験どうかなあ。
 ・ 心配の量的側面はどうかなあ。
 ・ 「わりきり志向」との関係はどうかなあ。
 ・ …あれこれ「このあとどうしよう」とお考えでしょうけど,「破局化」しない程度にね。


■ 「樹海のなか」(本人談)
 ○ 大学生の音楽の嗜好 : 性格特性との関係から ← こちら から。
 ・ 要旨なので詳細は不明であるが,面白そうな知見も。

  で少し発想を変えて(というか卒論折衝の時に私が言ったそうだが)歌声の好みとか
  どうなんだろう… って調べてみたら本当に歌声とか「声」そのものも研究があまりなく。
  (その通り)これを↓

 ○ Men's voices and women's choices
 ・ 身を乗り出してきた女子1名(笑)
 ・ (男性話者の)声から,その男性の身長・体重・年齢などの推定と,
   魅力度の評定を,女性の聞き手が行うという研究。
   → 母音を評価しているらしい。体重は声で予測できていたが,身長・年齢はできない。
 ・ 「胸毛の有無」を声から推測する,というのも検討していたようで
   …Sarahの好みとかじゃなくって学術的な理由がある(と思う)。
 ・ 声研究にしよっか?ひとまず来週までは探索継続。


 *


2月中はあと1回,合同で行いまして,
3月中は個別にやりましょうということに。


 *


えっと,朝作りましたというのを頂戴しました!ありがとうございます。

|

« 研究室飲酒会(院生+)120209 | Accueil | dlpfcと検索されまくる »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/53973890

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論12-3)120213:

« 研究室飲酒会(院生+)120209 | Accueil | dlpfcと検索されまくる »