« リレンザ... | Accueil | 学校神経心理11-17&18 »

20 févr. 2012

研究室研究会(卒論12-4)120220

「年度内」の集合は今回まで。次は「4年生になったら」。

■ 心配が止むのは

・ こちらの論文。
  What ends a worry bout? An analysis of changes in mood and stop rule use
  across the catastrophising interview task
  ( この記事 の)
・ 研究1のステップ数では,No rule群>AMA群,FL群
  (自由にやらせるよりもルールを課しらいいのか?)
・ FLに「変化する」という話なんだが,その後の「気分(の変化)」には個人差があるような気がする。
・ catastrophic interview は面白いけど,イヤな感じにならないようにするにはどうしたらいいんでしょ?
・ 「ポジティブな心配」についてあれこれ考える… のだけれど,なんだかポジティブさが減じますなあ。
・ さてAMAルールからFLルールにそろそろシフトしていこうか?(笑)


■ 声の研究

・ 2本。
  感情表出時の声質評価尺度の作成
  →「暖かさ」「激しさ」「鈍さ」の3次元。
   これは感情表出時の声の印象。NEO-PIの評価も。
  Effects of Attractiveness and Maturity of Face and Voice on Interpersonal Impressions
  →魅力度と成熟度の評定。
   身体的魅力(顔)はpublicな,声の魅力はprivateな。
   成熟の評定は,視覚-聴覚条件では聴覚(つまり声)に基づいていた
・ 「面白いと思うけど研究の意義は…」と言っていたけれど,
  それを考えるのはいいことだけど,別にリンショー的である必要は全然ない。
  でも,感情やパーソナリティには絡ませた方がいいでしょうね。


■ 構え(準備・思いこみ・偏見・意識)が行動(思考・認知)に及ぼす悪い影響

・ 『なぜ本番でしくじるのか』の
  面白いところをいくつか紹介してもらう。
・ 気をそらされているとき(集中しすぎていないとき)の方が良いパフォーマンスを示す例など。
・ そういう現象を「実験」にのせたい,という希望と,「脳活動」も計測したい,という希望を
  んじゃもっともシンプルにして実験するとしたらこんな感じ?というのを考えてみる。


次は,4月16日の予定です。
それまでは,オンデマンドで必要に応じてお目にかかりましょう。
あれこれ頭の中で熟成してくださいませ。


 *


本日も おかし 頂戴しました。どうもありがとう。

|

« リレンザ... | Accueil | 学校神経心理11-17&18 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/54038907

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論12-4)120220:

« リレンザ... | Accueil | 学校神経心理11-17&18 »