« 「フレッシュマン・セミナーFD」 | Accueil | 平成23年度卒業式・学位記授与式等 »

22 mars 2012

「学群FD研修講演会」

『GPAについて考える』

昨日に引き続き連日のFD。

(あいかわらずFDってなんぞや?という疑問があるのですが,
 こちらの定義によると,
 「教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称。
 その意味するところは極めて広範にわたるが、具体的な例としては、
 教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、
 新任教員のための研修会の開催などを挙げることができる。」,だそうである。)


本日はわれわれと同様3学期制,授業時間は70分のICUの先生により,
標記“GPA”(Grade Point Average)について,
そのメリットデメリットなどについてお話をうかがいました。
…平成25年度からは導入される見通しなのであります。
…平成25年度からはさらにうちでは学期制も大きく変更されますが…

(科目単位数×成績点数)の和/総履修単位数
だから,計算すれば今でも出せますね。


これが「学期ごと」に算出されること,
またアドヴァイザー教員が先学期の成績表を手渡しし,
この学期の履修について履修の確認・承認の署名をするのだという。

「レジ日」(きっと「学内用語」でしょうね)という日の,
アドヴァイザーの先生の大変さをあれこれ想像しながら。


 *


どうやら午後にも別の組織でFDあったみたいなんだけど,
どうにも食傷気味でありまして,行きませんでした。

内容への関心の濃淡は,もちろんありまする。
GPAは,教育におおいに関係がありそうなので行ってみたわけで,
もう一方の方は,先の定義の
「教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称。」
とは思われないので,行かなかった。
↑こういのがあるからFDってなんぞや?という冒頭の疑問が生じるわけである。


いまやなんでも学内で何かするときに
“FD”って付けておけばいいみたいなところがあるような気がして,
たいへん悪しき風潮だと思う。

定義があいまいだからだ。

|

« 「フレッシュマン・セミナーFD」 | Accueil | 平成23年度卒業式・学位記授与式等 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 「フレッシュマン・セミナーFD」 | Accueil | 平成23年度卒業式・学位記授与式等 »