« 研究室研究会(卒論12-8)120514 | Accueil | 神経心理学演習12-08 »

15 mai 2012

神経心理学演習12-07

吉田さん担当。

Age-related neural changes in autobiographical remembering and imagining

(自伝の想起と想像における加齢関連の神経変化)


「過去の想起」と「未来の想像☆」は共通のcore networkを用いていることが既に明らかにされており,
若年成人も高齢者も同様のネットワークが賦活することは既に検討がなされているが詳細な検討は
なされていない
→event-related fMRIで検討したところ,若年成人・高齢者に共通するネットワークの賦活が
 みられたが,さらに加齢に伴う(特に時間的側面での)相違が見出された。


☆ "IMGINE THE FUTURE." をスローガンにしている本学,の学生が読むには適した論文かと。
  未来の想像には,過去の想起も欠かせない,という風にも読めるけど,それだけではなく,
  過去の想起においても未来の想像と同じように,「構成」しているという考え方,
  constructive episodic simulation hypothesisというのがある。

・ 高齢者の想起/想像するそれは詳細さが低く,一般的な(generic)ものであって特定的でない
  傾向があるという。
  →「中年」はどうなんだろう(笑)neural changesも含めて…


  
  

|

« 研究室研究会(卒論12-8)120514 | Accueil | 神経心理学演習12-08 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.