« 「具体的」であるということ | Accueil | 12特論XII/特講III-6 »

24 mai 2012

研究室研究会(院12-5+卒論12-10)120524

今年度に入って,合同1回目。

30日に卒論の「構想発表会」があるために,その予演。
ひとり30分程度(7分の発表時間コミ)×4。

卒研生は院生の前で何か喋るのは初めてで緊張したかもしれないですけど,
院生からすると卒研生の話を聞くのは初めてでありましょうから,ワクワク?手ぐすね?


いずれにしても,
容赦のない院生の質疑で卒研生諸君は「鍛えられた」に違いない。
(代理的に,私も鍛えられたようなものだ)

…だって,本番は,質疑たったの3分間ですぜ。
当日に何をおそれることがありましょうか。

|

« 「具体的」であるということ | Accueil | 12特論XII/特講III-6 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 「具体的」であるということ | Accueil | 12特論XII/特講III-6 »