« 神経心理学演習12-5 | Accueil | 会議日(平成24年5月度) »

08 mai 2012

神経心理学演習12-6

間中さん担当。

From pantomime to actual use: How affordances can facilitate actual tool-use

(パントマイムから道具使用へ:アフォーダンスが実際の道具使用を促進する)


左半球損傷群において,
1) パントマイム条件:(例えば金槌で釘を打つ) いずれにも触らずにパントマイムする
2) デモ条件: 金槌には握り釘には触らずにデモする
3) 使用条件: 金槌を握り釘も打つ
3条件の比較。
→この順に成績が良好になる。知覚的な手がかりによって必要な行為の「自由度」が減るから。
 (「ワーキングメモリ」的なものと関係がある?)

|

« 神経心理学演習12-5 | Accueil | 会議日(平成24年5月度) »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 神経心理学演習12-5 | Accueil | 会議日(平成24年5月度) »