« (フレセミ12_06) | Accueil | 研究室研究会(院12-5+卒論12-10)120524 »

24 mai 2012

「具体的」であるということ

が大事であるということ。

ご本人も何度も言っていたし,皆も何度も言っていたことである。

つまり,まずはそれが「必要」ということである。何はともあれ,それ。

みな,それをもとに「イメージ」するんだ;
イメージするそれは,人によって異なるとしても。
だから,「イメージできるようにその材料を提供する」という意識を。

 *

そのために,その最中は,
「過分なまでに想像力を働かせ」た結果を,しっかり直接検証してみること。
とっても能動的なおこないのはずです。

|

« (フレセミ12_06) | Accueil | 研究室研究会(院12-5+卒論12-10)120524 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« (フレセミ12_06) | Accueil | 研究室研究会(院12-5+卒論12-10)120524 »